湘南チョイ投げマップ 相模湾の堤防釣り

湘南チョイ投げマップ

危険な動物ボタン 魚類ボタン 昆虫ボタン

アカエイ

アカエイ(Dasyatis akajei)は、トビエイ目アカエイ科に属するエイ。全長2 m。食用ではあるが、尾に毒の棘があるので充分注意しなければならない。 砂浜からのサーフフィッシング(投げ釣り)でシロギスなどの外道として接触の機会も多いと思う。

尻尾にノコギリ状の毒針を持ち、これに刺されると大変なケガとなる。夏にビーチサンダルで足を指されるケースが多いので、 極力靴を履いての釣りが望ましい。また海水浴場などにも出現するので海水浴にはクラゲ同様に十分に注意されたい。

釣り場で気を付けたい危険な生物「アカエイ」 1/尻尾に大きな毒針を持つ
2/投げ釣りの外道として比較的普通に接触の機会がある
3/海水浴場などの浅瀬にも存在する
4/砂地の小さな川の流れ込みに多い(河口近くの砂浜)

よく、砂浜に打ち捨てられている光景を見かけるが、見かけても触らない方が賢明だろう。

漁獲対象魚なので漁師は刺を手際よく切って水揚げするが、投げ釣りなどの外道で釣れてしまったときはハリスから切って放してやろう。


釣り場で気を付けたい危険な生物「アカエイ」

生息地と生態

日本を含む東アジアの沿岸域に広く分布し、分布域では普通に見られる。国内では主に本州中部以西の浅瀬の砂場に生息し、冬は深場に移動する。一部、北海道でも捕獲の報告がある。

症状

重症例に足の切断や死亡例も報告され、キズは大きく、赤紫色に腫れ上がり刺すような痛みを感じる。 除毒には小切開等の必要もあるので薬の塗布などの素人判断による治療はせずにすぐさま近くの医師の診断を受けること。