湘南チョイ投げマップ 相模湾の堤防釣り

湘南チョイ投げマップ

危険な動物ボタン 魚類ボタン 昆虫ボタン

ヒグマ

ヒグマ(Ursus arctos)は、ネコ目(食肉目)クマ科に属する哺乳類である。

ホッキョクグマと並びクマ科では最大の体長を誇る。また、日本に生息する陸棲哺乳類(草食獣を含む)でも最大の種である。

オスの成獣で体長2.5-3.0mで体重250-500kg。メスは一回り小さく体長180-250cmで体重100-300kgほど。がっしりとした頑丈な体格を誇り、頭骨が大きく肩も盛り上がっている。

釣り場で気を付けたい危険な生物「ヒグマ」

生息地と生態

日本ではエゾヒグマが北海道のみに生息する。

症状

釣り場で気を付けたい危険な生物「ヒグマ」 野生のヒグマには恐ろしい動物という印象が非常に強い。駆除の優先度も、エゾシカなどに比べて高い。

その被害も農作物への被害(夕張メロンなど)から、畜産物、人的被害にまで及び、 明治時代には北海道で多数の人間が襲撃されており、苫前三毛別羆事件のように小規模な天災に匹敵する死者(7人死亡、3人重傷)を出した事件すらある。

また、近年になって人身事件が増加傾向にあり、山菜採りなどで山に入ることをためらう人も増えてきている。