湘南チョイ投げマップ 相模湾の堤防釣り

湘南チョイ投げマップ

危険な動物ボタン 魚類ボタン 昆虫ボタン

アカハライモリ

アカハライモリ(Cynops pyrrhogaster )は、有尾目イモリ科トウヨウイモリ属に分類される両生類の一種。

日本で単にイモリと呼ぶ場合本種を指すことが多い。ニホンイモリという別名もある。

釣り場で気を付けたい危険な生物「アカハライモリ」

生息地と生態

本州、四国、九州とその周囲の島嶼に分布する日本の固有種で、当該地域に分布するイモリとしては唯一の種でもある。

水田、池、川の淀みなど流れのない淡水中に生息し、 繁殖期以外は水辺の近くの林や、クズなどの茂る草地の水気の多い枯れ草の下などに潜むことが多い。

症状

釣り場で気を付けたい危険な生物「アカハライモリ」 毒はフグ毒と同じ物質であり、皮膚と筋肉に存在する。素手で触らず、触れても良く手を洗うこと。

毒が目に入ると激痛を感じる。応急処置としては良く真水で洗い流し、重症時には医師の診断を受ける。

毒の強さには食性による地域差があるようで、ペット用の養殖されたものには毒はないという。