湘南チョイ投げマップ 相模湾の堤防釣り

湘南チョイ投げマップ

釣り用語辞典 か行

用語 読み方 解説
回遊魚 カイユウギョ 決まった季節や時期にほぼ一定の経路を移動している魚の種類。サケ、サンマ、カツオ、ブリ、マグロ、イワシなど。
かえし カエシ 釣り針についている内側に反り返っている突起。針が魚に掛かった後に抜けにくくするもの。
駆けあがり カケアガリ 海底で急斜面になっている形状。魚が集まりやすく釣りの絶好ポイントになりやすい。
カゴ釣り カゴツリ ウキと集魚餌を入れるカゴを組み合わせた仕掛けを磯や堤防から遠投して沖目の魚を狙う釣法。
片舷 カタゲン 船の片側。左は左舷、右を右舷という。
片テンビン カタテンビン 片側だけにオモリをつけるテンビン。
活性 カッセイ 魚の行動状況をさす。使用例:「魚の活性が低いので釣れない。」
カミツブシ カミツブシ ハリスや針を挟み込むように付ける小型のおもり。
空合わせ カラアワセ アタリやモタレを感じる前に勘やタイミングを見計らって合わせて見る事。
ガイド ガイド 1.ロッドのパーツ、構成部分。ロッドの外側にあるもの主流。環形になっており、環の中にライン(糸)を通してロッドに沿わせる。 2.釣り場や釣り方などを案内する人
ガン玉 ガンダマ 小型のオモリ。
キープ キープ 釣った魚を持ち帰るために確保すること。
聞き合わせ キキアワセ 魚が針掛かり、もしくはアタッている状態で竿を上に誘い上げる動作。これによって更に確実に針掛かりさせる効果が期待できる。
聞く キク 本当に魚が針掛かりしているかどうか確かめる動作。軽く竿を持ち上げたり、少量だけ道糸を巻いてみる。
汽水域 キスイイキ 淡水と海水が混じる水域。河口など。
キャスト キャスト 仕掛けを投入する動作。
キャッチ&リリース キャッチ&リリース 釣った魚を持ち帰ったり殺したりせず、再びもとの水辺に戻すこと。再放流。
キワ 境目などのの狭いポイントを指す。使用例:「岸壁の際に仕掛けを落とし込む。」
擬餌針 ギジバリ サビキやウイリー、スキン巻きなどと呼ばれている、つけ餌のいらない釣り針。糸や布、ビニールなどを針に巻きつけてつけ餌に似せる。
食い上げ クイアゲ 魚が針掛かりした後、下に泳がずに上に向かって泳ぐこと。糸ふけなどが出てアタリが分かりにくい場合がある。
食いが立つ クイガタツ 魚の食欲や活性が増し、順調に釣れる様。活性が高いとほぼ同意。
食い込み クイコミ 針掛かりの状態。しっかりと針を食い込んでいる場合「食い込みが良い。」と言う。
食い渋り クイシブリ 対象魚がポイントに明らかにいる状態で釣れない場合に使われる。活性が低いとほぼ同意。
口切れ クチギレ 針の掛かりどころが悪く、魚の口が裂けてしまい針が外れること。
クッションゴム クッションゴム 魚の引きの衝撃を吸収する道具。長さ、径、色、素材など対象魚や釣法に応じて様々なものが売られている。
ケーソン ケーソン 防波堤などに設置されているコンクリートブロック。釣りの好ポイントになりやすい。
蛍光ライン ケイコウライン 蛍光色に染めてある道糸。道糸のふけかたでアタリを取る釣りなどに便利。
消し込む ケシコム ウキ釣りでウキが一気に海中に引き込まれるアタリ。
外道 ゲドウ 本命以外の魚。
小潮 コシオ 最も潮の干満の差の小さいこと。また、その日。
木っ葉 コッパ 体長が小さい幼魚など。
小突く コヅク 胴つき仕掛けなどのオモリで海底をコツコツと叩くような動作。
こませ コマセ 集魚効果のある撒き餌。アミコマセ、沖アミコマセ、イワシミンチなど。
小物 コモノ キスやハゼなど、浅場で釣れる小型魚のことを指す。
婚姻色 コンインショク 繁殖期にだけ魚の体表面に現れる模様や色。
ゴウ 竿やハリス、おもり、カゴ、ウキなど様々な釣り具に使われる単位。おなじ「号」でもそれぞれ表す単位が違う場合が多い。
五目釣り ゴモクヅリ 特に本命の対象魚を定めず、多種目の魚を狙う釣り。
川ガール カワガール 川の釣りなど河川でのレジャーをたしなむ女子を指す。


あ行ページへ か行へ さ行ページへ た行ページへ な行へ は行ページへ ま行ページへ や行ページへ ら行ページへ わ行へ