湘南チョイ投げマップ 相模湾の堤防釣り

湘南チョイ投げマップ

危険な動物ボタン 魚類ボタン 昆虫ボタン

ゴンズイ

釣り場で気を付けたい危険な生物「ゴンズイ」ゴンズイ (Plotosus japonicus) は、体長10cm~20cmに達するナマズ目の海水魚である。

チョコレートブラウン色の体に頭部から尾部にかけて2本の黄色い線がある。集団で行動する習性があり、特に幼魚の時代に著しい。

幼魚の群れは巨大な団子状になるため、「ごんずい玉」とも呼ばれる。この行動は集合行動を引き起こすフェロモンによって制御されていることが知られている。


背びれと胸びれの第一棘条には毒があり、これに刺されると激痛に襲われる。なお、この毒は死んでも失われず、死んだゴンズイを知らずに踏んで激痛を招いてしまうことが多いため、十分な注意が必要である。

地方によっては味噌汁や天ぷらなどで食されることがある。

1/ヒレに毒針を持つ
2/釣りの外道として比較的普通に接触の機会がある
3/ナマズに似る

よく、堤防など釣り場に打ち捨てられている光景を見かけるが、見かけても触らない方が賢明だろう。

釣りの外道で釣れてしまったときはハリスから切って放してやろう。


釣り場で気を付けたい危険な生物「ゴンズイ」

生息地と生態

海藻の多い浅瀬の岩場に多く、夜間に活発に活動する。本州中部以南に生息し、温暖性の魚。

症状

やけどに似た激しい痛みが大きな腫れをともない二日ほど続く。 除毒には小切開等の必要もあるので止血・薬の塗布などの素人判断による治療はせずにすぐさま近くの医師の診断を受けること。