湘南チョイ投げマップ 相模湾の堤防釣り

湘南チョイ投げマップ

危険な動物ボタン 魚類ボタン 昆虫ボタン

スズメバチ

スズメバチは、ハチ目スズメバチ科に属する昆虫のうち、スズメバチ亜科に属するものの総称である。

本国においてはオオスズメバチのほか、キイロスズメバチなど野山や人里にも多くみられ、接触の機会も多い。 攻撃的で気性も荒い。

釣り場で気を付けたい危険な生物「スズメバチ」

生息地と生態

スズメバチは旧ローラシア大陸で誕生、進化しユーラシア大陸、北アメリカ大陸、アフリカ大陸北部に広く分布している。

症状

釣り場で気を付けたい危険な生物「スズメバチ」 毒針は、鋸状の細かい刃が密生した2枚の尖針が刺針の外側を覆うという構造をしており、この尖針が交互に動くことにより、皮膚を切断しながら刺さっていく。ミツバチと違い一度刺しても自身が死ぬことはない。

刺針の鋸状の刃は、ミツバチのような「返し」状の粗大なものでなく、 皮膚引っかかって抜けなくなることはないため、毒液が残っている限り何度でも刺してくる。


また、毒液は刺して注入するだけでなく、空中から散布することもある。散布された毒液は警報フェロモンの働きをし、仲間を集めて興奮させるため、集団で襲ってくる。

特別な装備がなければ早急にその場から離れるのが望ましい。 防護服を着ていても刺される場合がある他、呼吸孔から顔へ毒液を飛ばす場合もある。

目に入ると失明する他、皮膚に触れると炎症を起こす。 刺されたら、医師の診断を受けることが望ましい。